誰だって変わることができる

楽しむ

お客様から無理難題なリクエストをいただいた上司が丸投げの仕事を振ってきた後輩が生意気な物言いで反論する頼んでいた事柄を他部署担当者にスルーされた毎日毎日、ほんの些細なことから結構大きな事柄まで、思うようにいかないことがままあります。いえ、自分の思うように物事が運ぶ方が

誰だって変わることができる

イライラの正体は自己中だった

いつもつけっぱなしのテレビから、「イライラの正体は自己中だったんですね~。驚きましたけど納得でした。」という音声が聞こえてきました。最近、介護疲れ(?)なのかイライラ気味だった私は、思わず耳がダンボになり(この表現は古いのでしょうか?)、テレビの話に聞き入っていました。心理

誰だって変わることができる

「その後」が大切

「キレちゃったんです・・・」「つい言っちゃったんです・・・」コンサルティングの時を待てず、ひどく落ち込んでこんな報告(?)をくれたAさん。Aさんに限らず、「やっちゃったんだよね」と救いやアドバイスを求めるように話をしてくれる人たちは大勢います。こんな時、「どうしたの?

誰だって変わることができる

Want と Need を伝える

どうにも過保護なマネージャーのSさん。Mさんは危なっかしい自分を案じてくれるSマネージャーの気持ちをありがたいと思いながらも、「ほっといてほしい」「失敗する自分も見守ってほしい」と思っていました。「僕に詳しく状況説明して。ちゃんとケアしてあげるから。」今日もSさんはMさん

誰だって変わることができる

楽しんでいますか?

「昔はあんなにテニスが好きだったのに、いつの頃からか、ラケットを見るのも嫌になって。」「でも、今日は思いっきり楽しめました!」勝つことを義務付けられたテニスプレーヤーが、かつての心境を振り返り、今また「好き」という気持ちを思い出してプレーを楽しむことができた。こんなインタ

誰だって変わることができる

自分を俯瞰する

昨日のブログ「イライラが止まらない」からお問い合わせをいただきました。「イライラしてたりカッカしてる時は冷静さを失って、Yさんみたいに黙っていることにしたとか、私はとてもじゃないけどできません・・・」仰る通り、自分のイライラをしっかりと自覚して、「言葉を発しない選択」をし

誰だって変わることができる

イライラが止まらない

メンバーの何気ない言葉にカチンときたマネージャーのYさん。「『僕らのことほっといて、昨日はさっさと帰っちゃって』て、Sさんがボヤいていましたよ。」こう言われてYさんは自分でも不思議なほどに頭に血が上りました。「ほっといて、って、ちゃんと理由を言ったじゃないか。なんなんだ!甘

マネジメントこぼれ話 誰だって変わることができる

ピザ屋の質問がチームを救う!

「尾藤さんは僕らの仕事分からないから、的外れな質問するんですよ!」そう口を尖らせて不満を訴えるのは、メーカーで海外営業チームを率いるSマネージャーです。北米チームは残業がとても多く、メンバーのESも他部署と比べると著しく低いということで、なんとかならないかとご相談を頂いたので

誰だって変わることができる

しない後悔 した後悔

人生は常に選択の連続です。意識しているかどうかは別として、私達は朝起きてから寝るまで常に選択し続けています。朝食は毎朝、玄米と納豆を食べるという選択。毎日のお決まり・ルーティンであっても、「それをする」という選択をしているわけです。もちろん、AかBかという選択もあります。

リーダーシップ 誰だって変わることができる

今、自分にできることは何か?

今年も熱い熱い甲子園がやってきました。過去の大会に出場した先輩からのメッセージという一コマで、昨夏出場した高知商業 山中大河キャプテン(当時)の言葉が胸に響きました。山中選手は先天性四肢障害で生まれつき右手の指が2本しかありません。野球が大好きで名門 高知商業に入るも、周