ブログ

マネジメントこぼれ話

上司の言葉がメンバーに響かない3つの理由

いくら言っても分かってもらえない。何回言ったらわかるんだ。 チームを預かるマネージャ―やリーダーであれば、こんな思いをしたことがある人は多いと思います。 メンバーに限らず、「あのお客さまにはなかなかご理解いただけない」「どうや...
マネジメントこぼれ話

「人を育てる」とは、「教える」ことではない

マネージャ―の仕事は人を育てること人を介して仕事をすること 私はこう理解しています。 「人を育てる」とは、知識やスキルを教えることではありません。様々な経験を積ませるべく、幅広い業務にアサインする事でもありません。どんなに知識...
マネジメントこぼれ話

部下に指示する前に必ず確認したい、たった1つのこと

「報告しろ!」と言う前に、正しく聴く耳を持っているかを確認したい。「やる気出せ!」と言う前に、自分がやる気をなくす元凶になっていないかを確認したい。「何回言ったらわかるんだ!」と言う前に、相手にわかる伝え方をしていたかを確認したい。「ミス...
人間力

上司への反対意見は「相談」と「提案」が効果的

上司の言っている事がおかしい。上司の考えではお客様は納得していただけるはずがない。 こんな時、あなたはどうしますか? 面と向かって「おかしい」と言う。遠慮がちに「違うと思う」と言ってみるけど、反論されたら諦める。最初から何も言...
人間力

あなたの強さに、優しさを加えて最強になる方法

痛み、苦しみ、悲しみ。はがゆさ、もどかしさ、やるせなさ。たくさん味わった分だけ、他人に優しくなれる。だって、他人の痛みがわかるから。自分も同じ痛みを経験しているから。しかし人は悲しいかな忘れてしまう生き物。上手くいっている時ほど、しんどか...
人間力

投げた矢は戻ってくる

誰かへの善い行いは、あなたへの善い行いとなって 誰かへの批判の言葉は、あなたへの批判となって 投げた矢は必ず自分に戻ってきます。 それは、すぐに戻ってくるかもしれないし、しばらく後になってからかもしれないし、全く別の形に...
人間力

できない理由ではなく、できる方法を考える

足を骨折しました。 歩くのもままならずとても不便です。 しかし、私にはしなければいけない事が山盛りあります。身体を動かさなければできないことが。 例えばワンコのお散歩。毎日の家事と両親のお世話。仕事では出張も控えています...
マネジメントこぼれ話

今、うまくいっていないなら、今のやり方を変える

当たり前のことですが、今、うまくいっていないなら、今のやり方を変えなければいけません。 ところが多くの場合、今のやり方を変える発想にならず、今のやり方でどうにかしようと苦労していることが多いように感じます。 武器の進化と共に戦...
人間力

逆境は人の真価を露わにする

隣の部屋のリフォーム工事が23時過ぎても行われている。さすがにうるさくて小言を言いに行った。職人さんは素直に非を認め、心から丁寧に謝ってくれた。 翌朝、施工会社社長さんからはお詫びの連絡が朝一番であった。更に、職人さんからも直接、「...
マネジメントこぼれ話

メンバーの背中を「そっと」押す

一歩踏み出そうか、新たな挑戦をしようか、迷っているメンバーがいたら、その時には「ドンと強く押す」でも「引っ張る」でもなくその背中を「そっと」押してあげたいものです。 「やらないと始まらないだろう?」「チャレンジしないと成長な...
タイトルとURLをコピーしました