部下に謝れる上司は信頼を大きくする

人間力

部下に謝ることができる上司は
部下からの信頼が大きくなります。

部下に謝ることができない上司は
部下に不満や不安、疑念や失望を抱かせてしまいます。


たとえ些細な事であっても、
「ごめんなさい」「悪かった」「言い過ぎた」「判断を間違えた」
などを言葉にできる上司は、
部下に対して誠実であり、人としての尊敬を集めます。

謝ってばかりだと部下になめられる。

もしこう思っていたなら、それは大きな間違いです。

権威や尊大な態度で部下を従えも、
部下の信頼や尊敬を集めることはできません。

謝ってばかりだと部下になめられるのではなく、
素直に謝る事ができない上司は、
部下から人として不信感を買う、
人として大した人ではないと思われるのです。


尊敬や信頼を覚えている上司が自分に謝った時、
「上司に謝らせてしまって申し訳ない」
と却って奮起する部下はたくさんいます。

そうでない上司が謝りもせず普通を装った時、
「自分はこんな上司にだけは絶対にならない」
「早く別の上司と出会いたい」
「この人のために、この人と一緒に頑張ろうとは思えない」
と部下の心は上司から離れてしまうでしょう。


上司であろうと部下であろうと、
人として当たり前の事をするまでです。

「上司だから」と余計なフィルターは取り除き、
人として誠実であれば、
部下の信頼はますます、あなたに寄せられるでしょう。