マネージャーの仕事は人を使うことではない

マネジメントこぼれ話

人を使う
部下を使う

という表現が好きではありません。

「使う」と言った時点で、その人・部下は「モノ」に転じてしまうからです。

マネージャーになりたくないというKさん。
理由を聞くと、「人を使うのが苦手だから」でした。

Kさんの上司からの評価は「厳しさが足りない」でした。
そうではなく、Kさんは優しいのです。
だから、「人を使う」ことに躊躇が生まれるのです。

マネージャーの仕事は人を使うことではありません。

マネージャーの仕事は人を活かすこと。
人を活かすためにチームを整えること。

一人ひとりの今ある実力とこれから花開くであろう潜在能力を見極め、
個性を知り、最大限開花できるよう、その人を活かしてあげること。
それがマネージャーの仕事だよ。

私の言葉に納得したKさんは、昇格試験を受ける決意ができたそうです。

「人を使う」と言った時点で、無意識の上から目線に陥ってしまいます。
人を使うのではなく、人を活かす。

マネージャーの仕事は、一人ひとりを活かすことであり、決して、使うことではありません。