DNAに組み込まれている5つの価値観~力価値・愛メンバーと楽しみ上司の場合

DNAに組み込まれている5つの価値観

人は誰でもDNAに組み込まれている5つの価値観があります。
その強度も満たし方も人それぞれ。
(ココについて詳しく知りたい方は、文末のリンクをクリックしてください。)

◆ 楽しみ上司の言い分

もっとゲーム感覚や遊びを取り入れながら
楽しく仕事をすればいいのに。
べき論も必要だけ、時には弾けてみるのも必要なのに
遊びがなくて、Bさんと一緒に仕事をするのは疲れる。

◆ 力価値・愛メンバーの言い分

A課長は緩い。だから課の目標未達が続くんだ。
ゲームの対象にされるお客様が気の毒。
この課で、A課長の下で成長できる気がしない。


楽しみを大切な価値観に置くA課長は
「好奇心旺盛」で、とにかく楽しい事が大好きです。
何でも「面白い・楽しい」と自己変換して捉え、
それが一番のエネルギーの基だと信じています。
今はまだ課の業績は良くないですが、
楽しんで取り組むことが長続きの秘訣であり、
いつか必ず結果は出ると思っています。

力価値・愛メンバーのBさんは、
「認められたい」「自分で自分を認めたい」「貢献したい」
という力価値と
「お客様を大切にしたい」という愛でいっぱいです。

Bさんの愛を満たすベクトルは他者に向けられているのに対し、
A課長の楽しみは課長自身(自己)に向いているので、
BさんにはA課長が自分勝手な人に見えていました。


今回、私のアドバイスはメンバーのBさんに対してでした。
それは、
「BさんとA課長は違う」
です。

Bさんのように貢献やお客様ファーストで必死で頑張らないA課長はおかしい

ではなく、

目標達成のスタンス(戦略ではなく)は人それぞれで良い

ということです。

何でも楽しみながら取り組むことで前へ進めるA課長と
それは不謹慎でしんどくても頑張ることが美徳と考えるBさんに
接点を見出すことは、その時点では難しいです。

最もシンプルな考え方。

それが、「私は私、あなたはあなた」です。


目指すゴールはともに課の予算達成。
取組みスタンスが同じでなくても構わないのです。

Bさんはトップ営業マンだったので、A課長の助けがなくとも
一人で仕事を進めることが可能でした。
A課長の価値観に勝手にイラつくのではなく、
それを尊重して見守ることで、
Bさんから放たれていたイライラオーラが消え、
結果的にチームの雰囲気は良くなり、
Bさんが大切にしたいチームの心地良さ(愛)も
満たされることとなりました。

人は自分中心で物事を考える生き物です。
「あの人、おかしい」と思う時は、
ジコチューに陥っている可能性大です。

そんな時、
私は私、あなたはあなた
と考えてみましょう。

それは決して、相手を突き放すことではなく、
相手を尊重する考え方なのです。

DNAに組み込まれている5つの価値観(5つの欲求)
愛・所属

力・価値
自由
楽しみ
生存