誰だって変わることができる

前提を疑ってみる

「3営業所に対して均等に関わりたいんだけど、なかなか時間が取れなくて・・・」3つの営業所を統括しているA部長の目下最大の悩みは、物理的時間的制限の中で、いかにやりくりして、均等にそれぞれに関わるか、ということでした。「阻害要因は何がありますか?」考えられ

誰だって変わることができる

常識の連鎖にとらわれない

これだけ世の中のあれやこれや、色々なことが変わってきても、「だって業界の常識だし」とか「今までこうやってきたし」とか、「一般的に言ってもね」などと、その人の「当たり前=常識」にこだわる方が本当にたくさんいらっしゃいます。先日もこんなことがありました。全部で10人

誰だって変わることができる

その価値観、本物ですか?

あなたの価値観は何ですか?そう聞かれて、すぐに答えられる人とそうでない人がいます。価値観はその人のエネルギーの源泉。それがあるから頑張れるし前を向けるし、しんどいことも乗り越えられるし、何より幸せを感じることができるのです。ですから、自分の価値観をきちんと理解できている

誰だって変わることができる

「イイ感じ」が智慧になる

書物を何十冊読もうとも、成功者の講演をたくさん聞こうとも、もちろん、弊社の研修を受講しようとも、オンラインで様々な交流を行おうとも、それらの事柄から得たコトはあくまでも知識であり、情報であり、それ以外の何物でもありません。本をたくさん読んだからと言って、デキルわけではな

誰だって変わることができる

なかなか行動変容できないあなたへ

リーダーとは強く、正解を持っていて、ぐいぐいとメンバーを引っ張っていく人そんなリーダーに若い頃から憧れて、もともと出たがり、目立ちたがりのAさんは部長になった今も、常に自分が最前線の主役の位置にいたくて仕方がなく、やることなすこと、ほとんどすべて、部下の主体性を奪ってし

誰だって変わることができる

目標達成できない人に共通するコト

「3か月間、毎日オンライン上で振り返る」を私と約束したA部長。昨日、同じ約束をした同僚のB部長から私に連絡がありました。「PC不調で振り返り入力できないとA部長から連絡ありました。サボりではありません。」普段だったら「わかりました」で終わるところですが、今回、私はA部長、B部長

誰だって変わることができる

ワクワクの感じ方

かつての私は、仕事でワクワクなんてあり得ない! と思っていました。不謹慎なようにさえ感じていました。仕事を楽しく!と口では言っても、目標を達成したその瞬間の喜びだけのためにその間のプロセスは眉間に皺を寄せて必死に頑張っていました。「プロセスを楽しむ」という考えが全くなかったので

誰だって変わることができる

目標達成はスキルです

大谷翔平選手が利用したことで一躍有名になった曼陀羅チャートオープンウインドウを使った「目標達成」セミナーを受講しました。セミナーの骨子は、普段、私が日常的に行っていることやお客様にお伝えしていることが、より理論的に系統立てて説明されており、感覚的な私のプログラムに比べて

誰だって変わることができる

リスクを取れ

取り組みの本気度を測る時、どれくらいのリスクが取れるのかを私は自分自身に問いかけます。過去に転職した時、次を決めてから退職を申し出るのではなく退職してから転職活動を始めました。起業する時、会社を興してから新規開拓を始めました。新たなビジネスモデルの展開を検討する時、限界ギリギリ